【N2 文法】〜はもとより(意思・用法・例句)

【N2 文法】〜はもとより(意思・用法・例句)


【意思】

〜不用說了;不僅…其他還有
(付加)

【用法】

Nは +もとより

備註 備註:

「〜はもちろん」更書面語化。

【例句】
貧乏 貧困

① うちは貧乏(びん ぼう)なので、(くるま)はもとより、バイクもありません。
因為家裡很窮,汽車就不用說了,摩托車也沒有。

仕事が大変

仕事( し ごと)(いそが)しすぎて、彼女(かの じょ)とデートする時間( じ かん)はもとより、ゆっくり()時間( じ かん)もない。
工作太忙,別說和女朋友約會了,連睡覺的時間都沒有。

ラーメン

③ ラーメンは日本人( に ほん じん)はもとより外国人(がい こく じん)にも人気(にん き )がある日本( に ほん) 料理(りょう り )だ。
拉麵是不僅日本人,也很受外國人歡迎的日本料理。


留言補充或糾正錯誤⬇︎⬇︎