【N2 文法】〜ところだった(意思・用法・例句)

【N2 文法】〜ところだった(意思・用法・例句)


【意思】

差點就〜
(経過・結末)

【用法】

V[辞書形/ない形]+ところだった

【例句】
猫の飛び出し事故

(くるま)運転(うん てん)してると、突然(とつ ぜん)(ねこ)()()してきて、もう(すこ)しでひいてしまうところでした
當我在開車時,有隻貓突然跳出來,差點就碾過去了。

イタズラ

② イタズラしすぎたせいで、もう(すこ)しで(かれ)(おこ)らせるところでした
因為惡作劇太過分,差點讓他生氣了。

電車 遅れる

③ あと10秒(じゅう びょう)(おそ)かったら、電車(でん しゃ)()(おく)れるところだった
如果再遲到10秒,差點就錯過電車了。

チケット

切符(きっ ぷ )()()()るのがもう(すこ)(おそ)かったら、映画(えい が )予約券( よ やく けん)()えないところだった
如果再晚一點到售票處,差點就買不到電影票了。


2 thoughts on “【N2 文法】〜ところだった(意思・用法・例句)

  1. 例句3:あと10秒じゅう びょう遅おそかったら、電車でん しゃに乗のり遅おそれるところだった。
    假名標注應該是遅(おく)れる?對嗎?
    你的網頁我很喜歡~很用心製作的筆記~準備考試的路上有你真好!

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *