【N3 文法】〜べきだった / 〜べきではなかった(意思・用法・例句) grammar-n3-118

【N3 文法】〜べきだった / 〜べきではなかった(意思・用法・例句)


【意思】

之前應該做~的
(推量)

表示對於過去的事情的後悔或反省等。
否定形為「〜べきではなかった」

【用法】

V[普通形]+べきだった

 ※ する→「すべきだった」

【例句】
片思い

① あの(とき)、「()き」って()っておくべきだった
那個時候,應該表達「我喜歡你」的。

成績が悪い

② こんな結果(けっ か )になるなら、もっと勉強( べん きょう)しておくべきだった
得到這樣的結果,之前應該多學習的。

コンサート チケット

③ あの(とき)(まよ)わず()っておくべきだったなあ。
那時,我應該毫不猶豫地買下的。

寝られない

(よる)にコーヒーを()べきではなかった全然(ぜん ぜん)()られない。
不應該在晚上喝咖啡的。 根本睡不著。


留言補充或糾正錯誤⬇︎⬇︎