【N4 文法】〜すぎる(意思・用法・例句)

【N4 文法】〜すぎる(意思・用法・例句)


【意思】

太〜

(程度)

常用於「負面評價」

【用法】

V[ます形]+すぎる
い形 +すぎる
な形 + すぎる

備註 備註:

形→なさすぎる

例 eg(あそ)びたいけど時間( じ かん)がなさすぎる。
(我想去玩,不過時間真不夠。)

【例句】
① 動詞文
お腹がいっぱい

→ もう()べすぎて、お(なか)がいっぱいです。
吃太多了,肚子好飽。

→ テレビの()すぎで()(わる)くなったかも。
可能看電視太多了,導致視力變差了。

② い形容詞文

→ このレストランの料理(りょう り )(りょう)(すく)ないのに、(たか)すぎる
這家餐廳的食物明明量很少,卻太貴了。

飲み会

→ お(さけ)美味(お い)しすぎて何杯(なん ばい)()んじゃった。
酒太好喝了,不小心喝了好幾杯。

③ な形容詞文

今日(きょう)(ひま)すぎる
今天太空閒了。

→ この仕事( し ごと)大変(たい へん)すぎて(わたし)にはもうできません。
這份工作太難了,我沒法繼續做了。


留言補充或糾正錯誤⬇︎⬇︎