【N1 文法】〜の極み(きわみ)(意思・用法・例句)

【N1 文法】〜の極み(きわみ)(意思・用法・例句)


【意思】

~之極
(軽重の強調)

【用法】

N +の(きわ)

備註 備註:有固定用法

疲労(ひ ろう)(きわ)み (極其疲勞)
恐縮(きょう しゅく)(きわ)み (十分害怕)
感激(かん げき)(きわ)み (無比感激)
贅沢(ぜい たく)(きわ)み (極其奢侈)

【例句】
受賞

(わたし)のような(もの)がこのような名誉(めい よ)ある(しょう)(いただ)けるとは、感激(かん げき)(きわ)だ。
對於像我這樣的人來說,獲得如此光榮的獎項,真是無比感激。

死ぬほど疲れた

② なんとか納期(のう き)()()わせるために、一部(いち ぶ)社員(しゃ いん)不眠不休(ふ みん ふ きゅう)(はたら)疲労(ひ ろう)(きわ)(たっ)していた。
為了趕工期,部分員工不眠不休工作,已經到了極其疲勞的地步。

家 いえ

(あたら)しく()てた(いえ)欠陥(けっ かん)があったなんで、痛恨(つう こん)(きわ)だ。
新建的房子竟然存在缺陷,非常遺憾。

料理 キャビアとトリュフとフォアグラ

④ キャビアとトリュフとフォアグラを使(つか)った料理(りょう り)なんて。まさに贅沢(ぜい たく)(きわ)だ。
使用魚子醬、松露和鵝肝做的料理。 這是極致的奢華。


類似文法:

「~の至り」


留言補充或糾正錯誤⬇︎⬇︎