【N2 文法】〜というものではない(意思・用法・例句)

【N2 文法】〜というものではない(意思・用法・例句)


【意思】

不能說~
(部分否定)

※跟部分否定的「〜わけではない」相同用法。

【用法】

普通形+というものではない
(な形・N) だ +というものではない

【例句】
英語の本を読む

外国語(がい こく ご )はただ文法(ぶん ぽう)(おぼ)えれば(はな)せるというものではない
並不是單單學習語法就會說外語的。

悲しい

② お(かね)があれば、(しあわ)せだというものでもない
不是說有錢就意味著幸福。

セール

(なん)でもかんでも(やす)ければいいというものではない
無論如何不能說便宜的就是好。


留言補充或糾正錯誤⬇︎⬇︎