【N2 文法】〜どころではない / 〜どころじゃない(意思・用法・例句)

【N2 文法】〜どころではない / 〜どころじゃない(意思・用法・例句)


【意思】

實在不能~
(否定)

※沒有做~之類的事的閒假,財力等。

【用法】

V[辞書形]+どころではない
N +どころではない

=「〜どころじゃない」

【例句】
疲れる

今日(きょう)はお(きゃく)さんが(おお)すぎて、休憩(きゅう けい )どころではない
今天顧客太多,哪談得上休息。

入院 病気

② テスト(まえ)なのに、(はは)入院(にゅう いん )してしまって、勉強( べん きょう)どころではなかった
雖說是考試前夕,但媽媽住院了,根本沒心學習。

お金がない

③ こんなに給料(きゅう りょう)(やす)いと、結婚(けっ こん)どころではないな。
工資這麼低,哪還談得上結婚啊。

眠れない

(となり)部屋(へ や)がうるさすぎて、()どころではない
隔壁房間太吵,實在睡不了。


類似文法:

「〜ている場合じゃない」


留言補充或糾正錯誤⬇︎⬇︎