【N3 文法】〜わりに(意思・用法・例句)

【N3 文法】〜わりに(意思・用法・例句) 


【意思】

與~不符
(評価の視点)

表示實際與預想的結果不成比例,不協調。

類似於「~にしては」

【用法】

V[普通形]+わりに
い形 +わりに
な形な +わりに
Nの +わりに

【例句】
スマホを使う

同僚( どう りょう)はいつも(いそが)しいと()っているわりに仕事( し ごと)(ちゅう)によくスマホでFacebookを()ている。
同事一直說很忙,但卻常在工作時用手機看FB。

カバン、ハンドバッグ

② この(かばん)値段( ね だん)(たか)わりによく()れる。
這款包包雖然貴但卻賣得很好。

プログラマー

③ プログラマーの仕事( し ごと)大変(たい へん)わりに給料(きゅう りょう)(ひく)いのでフリーランスになる(ひと)()えている。
程序員的工作辛苦,但實際工資很低,所以越來越多的人成為了自由職業者。

ラーメン

④ このラーメンは値段( ね だん)わりに、おいしかった。
這個拉麵便宜卻很好吃。(= 性價比很高)


類似文法:

「〜にしては」


留言補充或糾正錯誤⬇︎⬇︎