【N3 文法】〜にとって(意思・用法・例句)

【N3 文法】〜にとって(意思・用法・例句) 


【意思】

對於~來說
(判断の立場)

【用法】

N +にとって

 ※N為人或組織,表示從這個立場出發,從這點考慮的意思。

備註 備註:

・後面多接評價、價值判斷的內容
・也有「〜とっては」的說法。
・更禮貌的說法為「〜にとりまして」

【例句】
祖母と猫

(わたし)たちにとって、ラテ((ねこ)名前( な まえ))は家族( か ぞく)(おな)じだ。
對我們來說,拿鐵(貓的名字)就像家人一樣。

スマホ 携帯

現代人(げん だい じん)にとって、スマホは生活(せい かつ)一部(いち ぶ )である。
對於現代人來說,智能手機是生活的一部分。

石油

石油(せき ゆ )現代(げん だい)工業( こう ぎょう)にとってなくてはならない原料( げん りょう)である。
石油對於現代的工業來說是必不可少的原料。

椅子を組み立てる

子供( こ ども)にとって(むずか)しすぎる。
對於孩子來說過於難了。


類似文法:

「~にしたら / ~にすれば / ~にしてみたら / ~にしてみれば」


發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *